お酒とごはん

焼酎のビール割りに初挑戦!二日酔い間違いなしなのです。

 

こんにちはひけ夫です。

 

お酒大好きな私ですが実はそんなにアルコールに強くありません💦

 

人並みには飲めるつもりですが、よく聞く「一晩でワイン◯本空けた〜」みたいなことは絶対にできません!!

 

そもそも私は酔いたくてお酒を飲むのではなく、お酒の味だとかその場の雰囲気を楽しみたくてお酒を飲むのです(´;ω;`)

 

だから今まで一度も飲んだことがありませんでした。

 

 

焼酎のビール割り、なんて。

 

 

今回は生まれて初めて焼酎のビール割りを飲んだお話です。

 

またまた泥酔状態で記事を書きますよぉ(((((((っ・ω・)っ

 

焼酎のビール割り

そもそも「焼酎のビール割り」って言葉からして変な感じがしますよね💦

 

だってビールが割る側なんですよ!?

 

書いてて「ビールの焼酎割り」なのか「焼酎のビール割り」なのかわからなくなってきます(´・ω・`;)

 

ビールだってれっきとしたアルコール飲料なので、アルコールでアルコールを割ることになるわけです。

 

いやー、恐ろしい。

 

韓国では「爆弾酒」といって、ビールに焼酎やウイスキーを混ぜて飲む文化があるそうです。

 

でも今回の動機は「爆弾酒」ではありません。

 

昔から父親が一杯で酔えるようにとビールに焼酎を足して飲んでいたのを思い出してやってみたくなったのです!

 

なので「爆弾酒」は「ボイラーメーカー」みたいに独特な(ショットグラスを落とす)飲み方をするようですが、今回は単純にジョッキの中の焼酎をビールで割るというやり方で飲んでみたいと思います(*´ω`*)

実際にやってみた

用意したのは冷蔵庫で冷えていたクリアアサヒと私の常備酒であるキンミヤ焼酎、それからジョッキです。

1.まずはジョッキにキンミヤ焼酎を注ぎます

このくらい?

 

え?少ない??

 

私はあんまりお酒が強くないので許してください(´;Д;`)

 

2.次に上からビールを注ぎます

 

あ!

 

ジョッキが小さいから全部は入らなかったのです💦

 

まあホッピーみたいに注ぎ足して飲めばいいですよね♪

 

あては焼きハムで。

 

3.あとは飲むだけ

 

ごくごくごく。

 

・・・。

・・・・。

 

ん?意外と美味しい??

 

想像していたよりもアルコール臭くないですね!

 

ビールの苦味がなくなってまろやかになりますね〜♪

 

この言い方が正しいかはわかりませんがとてもホッピーっぽい味がします(´・ω・`;)

 

そしてもちろんガツンとやってくるアルコール感!!

 

さすがにアルコールのアルコール割りなだけあります!

 

これはすぐに酔っ払えそうです💦

 

あー、でもちょっとぬるいかな・・。

 

氷を入れちゃえ!!

 

 

うん、いい感じ♪

 

それにしても・・。

 

思った以上に飲みやすいのが怖いなぁ(;´д`)

 

こんなものをビールと同じ感覚で飲んでいたら絶対に体を壊しますよ!

 

私はもちろん一杯でごちそうさまです。

 

焼酎のビール割りを飲み終えて

 

はい。

 

べろんべろんのひけ夫です。

 

今回は初めて飲んだ焼酎のビール割りですが・・。

 

酔いたいのではなくお酒の味やその場の雰囲気を楽しみたいタイプの私にはちょっと合わなかったようです。

 

たった一杯でクラクラなんて勿体無い。

 

もうリピートはしません💦

 

決してまずいわけではないし、これはこれで気持ちよくなれるのですが、でもどうせならいろいろなお酒をおかわりして酔っ払いたいのです。

 

よっぽどお金がないとか、とにかく手っ取り早く酔っ払いたいという人ならいいですが普通のお酒愛好者にはちょっとおすすめできませんね(;´д`)

 

やっぱりあれもこれも飲みたいではないですか!

 

ちなみにこの日のおかわりはストロングゼロ。

 

 

完全に二日酔い覚悟の布陣です!

 

焼酎のビール割りは合いませんでしたが貴重な経験もできました。

 

お金をかけずにいろいろ試せるのが家飲みの醍醐味だし奥深さですね♪

 

楽しみ方は無限大です!!

 

次は「ボイラーメーカー」が気になる・・。

 

100均にショットグラスを探しにいこうかな??

 

それにしても。

 

目が回る。

 

今日は完全の酔っ払いのひけ夫でした。

 

 

こちらもどうぞ(*゚▽゚)ノ

ホッピーの「ナカ」「ソト」頼み方についてのまとめ。

ホッピーをストレートで飲んだらノンアルコールビールよりも美味しかったのです!

【家飲み】お酒をさらに美味しくする7つの方法