お酒とごはん

【その手があったか!】休肝日には月曜日と木曜日がおすすめなのです。

こんにちはひけ夫です。

 

年間360日以上お酒を飲む私ですが最近「休肝日を作るためのいい方法」を見つけたのでブログに書いておきたいと思います。

 

さっそく書いてしまいますがその方法とは「お酒を飲まない代わりにロト6を買う」という方法です。

 

別にロト6ではなくてもいいのですが、休肝日という我々酒飲みにとってはとっても辛い日をなんとかやり過ごすためには別の楽しみが絶対に必要です!!←強調。

 

ただただ我慢するだけなんて辛すぎるではないですか(´;ω;`)

 

私にはロト6がちょうどよかったのです。

 

ロト6は毎週月曜日と木曜日に抽選。

 

1枚200円。

 

1から43までの数字の中から6つを選んでその数字が揃えば当たりという宝くじです。

 

1等当選額は2億円〜、なんて夢がありますね(*^^*)

 

詳しくは公式サイトをどうぞ。

 

 

実は私、「宝くじは確率の低い博打」でそこにお金をかけるのは「損」であると考えていたのですが、もともと「お酒を飲んで消えていたはずのお金」だったと考えれば宝くじを買うことに対する抵抗が減ります。

 

「貯金するはずだったお金」や「投資するはずだったお金」と考えると当たる確率の低い宝くじにお金をかけることは非常にもったいなく感じてしまいますが、もともと「お酒を買って消えてしまうお金だった」と考えれば、まあいいやと思えてくるのです。

 

休肝日を作ることは体にもとてもいいことですしね♪

 

私は毎週月曜日と木曜日はお酒を飲まない代わりにロト6を買うというルールでなんとか休肝日を作ることに成功しました。

 

宝くじ売り場に毎回行くのは現実的ではありませんが、今はスマホで簡単に買えるから便利ですね〜。

 

 

でもやっぱり休肝日辛い(_ _;)

 

いつまで続くか・・。

 

ひけ夫でした。